今月の野菜

March 7月

 平成26年6月25日upload

 モロヘイヤと青しそです。
モロヘイヤは小松菜やほうれん草を上回る栄養価を持つ野菜です。エジプト生まれのモロヘイヤはアラビア語で「王様の食べる野菜」と呼ばれるほど、夏バテ防止や疲労回復に役立つ栄養素や成分を多く含んでいます。これからの時期は冷製スープにして食べるのもおすすめです。
グリーンファーマーズの青しそはとても香りが良いです。食欲がなくなる夏ですが、薬味にして食べると食欲増進の効果があります。
夏野菜をたくさん食べて、夏を乗り切りましょう!

March 4月

 平成26年4月19日upload

露地栽培で育ったつぼみなです。寒さの中で甘みをしっかり蓄えました。乾煎りするだけで美味しくいただけます。

March 3月

 平成26年3月2日upload

あったかくなり、葉物のオンパレードです。

Februaary 2月

 平成26年1月31日upload

今月の野菜は小松菜。出荷は、2月中ごろになります。虫食いも少なく、順調に生育しています。

January 1月

 平成26年1月7日upload

ポパイも食べているほうれん草。寒さに当り甘みも増しました。

December 12月

 平成25年12月1日upload

9月上旬から種を蒔いた春菊(シュンギク)が収穫期を迎え、鍋料理に大活躍する時期を迎えました。

春菊の特徴(無農薬栽培)

春に花を咲かせ、葉の形が菊に似ていることから、春菊と呼ばれています。鍋料理が定番ですが、サッとゆがいた和え物や、柔らかい葉は生で食べられるのでサラダに最適です。

私たちが作っている春菊は「なべ奉行」という品種で、葉色濃く、葉肉厚く、葉先のそろいに優れ見栄え良く、食味も良好なのが特徴です。

播種は9/7から10/23、定植は10/7から11/2、収穫期は11月上旬から3月上旬までです。

平成25年12月1日現在、無農薬、無化学肥料での栽培です。

November 11月

11月1日はハロウィン。日本でも定着してきました。ということで、今月は最近流行のカボチャ、コリンキーを取り上げました。

コリンキーの特徴

コリンキーは完熟させず、若取りすることでクセが少なく生食できるカボチャとなります。大きさは500g~1kg程で、果皮は鮮やかなレモン色で、形は打木赤皮栗かぼちゃとよく似ています。

皮は柔らかく、包丁も一般的なカボチャと比べるととてもすんなりと切ることができ、皮ごと食べる事が出来ます。果肉も適度な歯ざわりでカボチャの臭みも少なく、薄切りにすると生のまま味付けしてサラダとして食べることが出来ます。

若取りするため、中の種の部分はまだ白っぽいクリーム色をしています。

コリンキーの美味しい食べ方

生のままスライスしてサラダに

コリンキー=生でも食べられる黄色いカボチャコリンキーは生のまま食べることが出来ると言うことが最大の特徴なので、せっかくですからまずはサラダで食べる事をお勧めします。皮ごと食べることが出来るので、薄くスライスして塩胡椒とオリーブオイルで仕上げたり、色々なドレッシングをかけて食べてみてください。より上品に仕上げたいときはピーラーなどで皮をむいてからスライスします。

カボチャのジャム

コリンキーはクセが少なく、果肉に水分が多く柔らかいのでいので、砂糖と蜂蜜を加えてジャムにすると色も綺麗で美味しいです。

瓜と同じ食べ方も

コリンキーは若取りするため水分が多く、瓜と同じような食べ方も出来ます。かぼちゃとしては変わった食べ方の一つに浅漬けや、細切りにして和え物などにすることも出来ます。

一般的なカボチャと同じ食べ方も

コリンキーは適当な大きさに切って炒め物に使ったり、天ぷらやフライなどにして食べても美味しいです。

会社名 有限会社 大郷グリーンファーマーズ
設立 平成11年4月1日
住所 〒981-3502 宮城県黒川郡大郷町粕川字熊の脇16
事業内容 お米、野菜、鶏卵の生産・販売など